写真ケーキとは

写真ケーキの写真部分はどのようにして作っているかというと、
可食プリンターを使い、エディブルペーパー(可食シート)に可食インクでプリントしてます。

この可食シートと言うのは、主成分はでんぷん質で出来ていますので水分に弱く、
そのまま生クリームのケーキの上に乗せるとすぐに滲(にじ)んでしまって、使い物になりません。
プリントした可食シートは、水分を含まないよう、チョコレートとかクッキーの生地の様な物にのせる事で
ケーキの上に飾る事が出来ます。

また、写真ケーキに使われる可食インクですが、要は食紅と言われているものです。
食品衛生法で許可された色素を使っていますので、安全なものです。

こうして作った写真ケーキの画像をケーキに飾り、店頭で提供するには問題ないのですが、
梱包して宅配便で送るとなると、色々と問題が出てきます。
今はクール便も進化していますので、冷蔵・冷凍自由に発送出来ます。

一般的には、壊れやすいケーキですので、インターネット販売の生クリーム使用のケーキは全て冷凍発送です。
スポンジと生クリームだけなら、あまり問題はないのですが、
生クリームのケーキには、フルーツ(特に生のイチゴ)がつきものです。

生のフルーツは冷凍すると、解凍後はグニャグニャしたものになり、本当にまずくなります。
その為、缶詰めのフルーツの様に、一旦煮たものを使ったり、
見た目が赤いので、ラズベリーを使うところが多いです。

そこで、ハナビシでは、何とか生のイチゴを使った写真ケーキを、
冷凍でなく送れないかと工夫しました。

当店の写真ケーキでは、ホワイチョコに、プリントした可食シートを載せて固定させ、
それをケーキの上にのせて発送致します。
この方法ですと、冷蔵発送でも殆んど型崩れなしで発送出来ます。

さらに梱包にも独特の工夫をしていますので、
ドライバーさんが、高い所から落とすか、上に重いものをのせて
箱をつぶしてしまわない限り、安心です。

また、冷蔵発送ですので、解凍する時間は必要ありません。
届いたらすぐにおいしく召し上がれます。

 

    次の記事: