エディブルフラワーと写真ケーキについて

エディブルフラワーとはEdible(食べられる)Flower(花)の文字通り、食用花のことを指します。
(中には毒性のある花もあるので、食用にならない花は食べることができません。)

主に、農林水産省のガイドラインに基づいて食用として安全に栽培された花であれば、
安心して食べることが出来ます。
※日本エディブルフラワー協会としては栽培履歴により、安全が確認されたものを認定しています。

園芸用の花には、食用とならない農薬が使われていることもありますので、
食用として栽培された花を、エディブルフラワーとしてお楽しみください。

どんな花でも食べられるの?

花屋などで売られている観賞用の花は、農薬や、鮮度を保つための薬剤が使われているため
食べられません。食べるために栽培・販売されている花を購入してください。
自分で育てる場合は、エディブルフラワー専用の種、あるいは花のついていない苗を購入し、
無農薬、または低農薬で育てること。また、花に毒性があり、
食べると危険な花もあるので注意が必要です。

花を食べる文化は世界中に存在する。日本にも存在し、
ふきのとうや菜の花が季節の野菜になっているほか、
黄色の「阿房宮(あぼうきゅう)」や
ピンクの「もってのほか」という菊の花がおひたしや酢の物として食べられたり、
刺身のつまなどに用いられたりしている。
桜の塩漬けは桜湯などにして楽しまれている。
また中国ではニラや金針菜のつぼみが食材として、
キンモクセイの砂糖漬けやバラの花弁が菓子に用いられる。
東南アジアなどではバナナの花が野菜としてサラダなどに利用される。
ヨーロッパでも数百年も昔から、食卓の飾りだけでなく食用に花が用いられており、
これが1980年代に日本で増加し始めたイタリアン・レストランでサラダなどにして用いられたことから、
これら欧州の食用花の文化が知られるようになった。
それぞれの花に独特の香りがあり、蜜に由来する甘みがあるもののほとんど無味に近く、
食材としての汎用性はあまりない。
あくまで色鮮やかさで目を引くための食品である。
よく用いられるのは、キンレンカ、ペチュニア、キンギョソウ、セキチクなどである。
日本では生産量の9割を愛知県豊橋市が占めている。

食べれるお花、観賞用とは違い野菜と同じように、安心して食べるためにつくられたお花です。
エディブルフラワーには品種もたくさんあり様々なカラーが楽しめて、
バランス良く多くの栄養素が含まれている事がわかってきました。

世界各地、特にヨーロッパを中心にオランダなどは、
日常的にエディブルフラワーを使った料理が食べられていますハーブもその一種です。
料理方法は様々あり、オランダの人々は見て楽しみ食べて楽しんでいます。

歴史的からみても、
身近なところにエディブルフラワーがこっそりと繁栄していて、
菜の花や食用ギク、シソの花は古くから日本人に好まれて食べていました。
近年では、日本でも大手百貨店、大手スーパーマーケット
にも見かけるようになりましたが、
まだまだご存知ない方が多いのが現状です。

野菜や果物と同じ様な感覚で日常の食生活に、
エディブルフラワーを食べてみて知って楽しんでいただきたいと思います。

日本でも、昔から菊の花が酢の物やおひたし、刺身のつまにされたり、
旬の時期には菜の花、ふきのとうなどが
天ぷらや和え物として食用にされてきました。
同じようにヨーロッパでは昔からサラダ等の生食で食べられています。
花そのものに毒性がある品種は危険なので食べられません。
無毒の品種で、食べることを目的に
栽培されたものが食用花として用いられています。
ただし、観賞用に栽培・販売されているものは、
農薬や鮮度を保つための薬剤が使用されている場合があるので食べられません。
—————————————————————–

このエディブルフラワーですが、
ケーキに使うと、大変華やかになり
パーティーの雰囲気も盛り上がります。
当店では、新しくエディブルフラワーを使った
写真ケーキを発売致しました。
今迄のイチゴトッピングタイプに
ブルーベリーとエディブルフラワーを飾った
スペシャルタイプです。

a.. 写真ケーキスペシャルはクール便(冷蔵)でお届けしますので、
a.. 届いてすぐに召し上がれます。
a.. エディブルフラワーは、先に飾ってしまうと、しおれやすいので、
a.. ビニール袋に入れて、ケーキに同封しますので、
a.. お客様が直接飾り付けて下さい。
a.. その際、直前にガクの部分を切り、
a.. 花の部分のみを飾って頂くときれいに飾れます。
—————————————————————–

≪ 前の記事:敬老の日と写真ケーキ     次の記事: