敬老の日と写真ケーキ

敬老の日は、もともと兵庫県の多可町で行われていた
敬老行事の「としよりの日」から始まった様です。
その後、「としよりの日」と言うのは、
あまり呼び方が良くないのではないかと言う事で
1964年に「老人の日」に改められ
1965年に、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬い
長寿を祝う日」として、
9月15日を「敬老の日」とする国民の祝日が制定されました。

この9月15日が「敬老の日」となった
もう一つの説は、
聖徳太子がお年寄りや病人の為の「悲田院」と言う
今で言う老人ホームを設立したのが9月15日だった
と言う事でこの日が「敬老の日」となったと言う説もある様です。

1965年に制定された「敬老の日」は
2002年までは毎年9月15日が敬老の日でしたが、
2003年以降 祝日を増やす為に、
9月の第3月曜日に変更されました。

敬老の日の意味ですが、
敬老の日の本質は、
「多年にわたり社会につくしてきた老人を愛し、
長寿を祝う」日です。
ざっくり言えば、
「いままで頑張ってきたおじいちゃんやおばあちゃんがいるからこそ、
今の日本があって、今の自分たちがあるので、感謝をしましょう」
という日です。

この本質をしっかりと理解して敬老の日を迎えて、
おじいちゃんやおばあちゃんに日頃の感謝を伝えましょう!

敬老の日のプレゼントですが
初めてプレゼントを贈ったのはいつか?
に対して、
●親が60代になった頃(還暦がきっかけの様です)
●贈る相手が65歳を迎えた(定年がきっかけの様です)
●自分に子供が生まれて、(親がおじいちゃん・おばあちゃんになったから)
●贈る相手が70歳・77歳・80歳・88歳等
  (節目を迎えたから)
と言ったところが多い様です。

さて、プレゼントの内容ですが、
花・スウィーツ・身に着ける物等色々ですが
やはり身近で手頃でそれ程高価なものではなく、
何となく温かみが感じられるもの
となると、おじいちゃん・おばあちゃんに限らず
スウィーツ等は喜ばれるのではないかと思われます。

スウィーツの中でも写真ケーキには、
ただのスウィーツではありません。
お相手の方を喜ばせる魅力がいっぱいです。

お孫さんの描いた絵とメッセージ・お孫さんの写真とメッセージ・
本人自慢の若かりし頃のお気に入りの写真をケーキに・・・・等
思わず贈られたかたも嬉しくて「ほんわり」するのではないでしょうか?
喜んで頂けるアイディアは、いろいろ考えられます。

敬老の日のプレゼントに

ぜひハナビシの写真ケーキをご利用頂きたいと思います。
きっと喜ばれると思いますよ・・・・

——————————————————–

 ≪ 前の記事:写真ケーキの大きさの表示について 次の記事:エディブルフラワーと写真ケーキ